SE・PG技術者のステップアップを応援!

新卒者へのメッセージ

  • HOME »
  • 新卒者へのメッセージ

糸畑満画像2016/02/26/05

アイスペックグループ代表の糸畑です。

当社のサイトを訪問していただき、ありがとうございます。新卒・既卒の方で当社への応募をご検討の方へグループを代表してメッセージをお届けさせていただきます。


貴方は現在就職活動をされていますが次についてどうお考えですか?

  • コンピュータソフト開発会社で働きたいのか?
  • コンピュータソフト開発技術者になりたいのか?

さて、新卒応募者のみなさんはどちらなのでしょうか?
唐突な質問ですが実はものすごく重要な事なのです。

それでは解説していきましょう。


当社では中途採用者の募集を年中行っています。
つまり、多くの中途退職者と出会って色々と話しを聞く機会があるわけです。

転職のパターンはいくつかあり、自分が持っているスキルを使って、今まで以上にレベルアップした仕事をしたいと思って転職を考える方、こういう方は成功する確率が高く何ら心配する必要はありません。

その一方で、大手のソフト開発会社に長いこと就業していました。
安定した会社で新卒から10年間保守運用のチームに所属して一生懸命に仕事をしてきました。
後半には部下もできリーダーとして指導も行ってきました。
一番心配するのは、実はこのパターンの方なのです。

なぜなら、同じことを10年してきていますが、保守運用は決まったことを決まったようにするとても重要なことです。
しかし、難易度は高くなく新卒でも少ししたらできる仕事で、その価値はシステムの仕事の中で低く位置づけらています。

それでは価値の高い仕事は何なのか?
それは、競合の上新規受託する、新しい設計開発の仕事です。
こちらはとても難易度が高く、新卒がすぐにこなすことができるわけではなく3年5年かけてやっと一人前になる仕事なのです。

社員の処遇を考えるとき、基本的な考え方は誰もがで既卒ない仕事、価値のある仕事、売上が上がる仕事をする人は評価される傾向にあります。つまり、そうした仕事を継続することで処遇は上がっていくわけです。
一方、誰もができる仕事、価値的に低い仕事をする人はどうか?
処遇が低いもしくは良くて普通までで高く評価するすることは難しいと思います
逆に、こうした部署で高賃金の方が増えると原価の関係から望ましくない状況が埋まれます。
言ってしまえば若い処遇の低い方が望まれ、高給なベテランは歓迎されなくなるわけです。


このように、失敗したなと後悔するのは実は10年以上経過してからなのです。

この例のように、価値の高くない仕事に長く携わってしまうと、いくら会社の都合といえども本人のスキル形成では不利に働くわけで、そこから新しい開発の仕事をしようとしてもかなり無理が生じます。

話を戻しますと、当社に中途面接に来る方の転職理由を聞くと実はこの例のようなパターンで、今の会社では処遇が頭打ちで将来がないというのがものすごく多いのです。

30台後半或いは40歳位になってからやっと気づいて転職活動したところで、保守運用しかしたことがない方が簡単にステップアップして設計開発の仕事ができるのか?というとかなり至難の業なのです。

もちろん、そういうことを想定して若い頃から独学で勉強してきましたという方は別ですが、実際のところ、そういう方は滅多にいません。

つまり、最初の若い世代の時にどのような仕事に携わるかで将来を大きく左右してしまうわけです。

それであれば、みんなが開発の仕事に携わりたいと思うのが普通です。
ところが、保守運用という仕事は実は重要な仕事であり無くてはならない仕事なので、誰かがしなければならないわです。
しかも、その仕事量もかなり多くのボリュームが有るわけです。

大手のシステム開発会社では開発技術者以外にも保守運用やコールセンター、サービス、営業、事務そのた諸々という構成になっています。
なので、入社早々に設計開発に行ける方はほんの一握りということがいえます。

一方、小規模のシステム開発会社はというと実はシンプルな構造で、開発プロジェクトの仕事がピークの時に参加要請がかかるという仕事柄、開発技術者が最も多くそれ以外の仕事はほんの一握り最低限の人数でしているわけです。

つまり、設計開発をする技術者の軍団だということが言えるわけです。

このような状況から、結果として冒頭のコンピュータ設計開発技術者になるという点では小規模の会社が有利なのです。

ある時、当社の新卒者に聞いてみたところ、同期で大手に入った友達が営業の手伝いで新商品のキャンペーンで着包みをきて街頭にでているというようなことを言っておりました。そのほかにも、電話対応、クレーム処理、資料作成などなどで開発に携わっていないケースが少なくないとのことです。

それでも、大手企業の方が処遇は良いのかもしれません。
処遇が良ければ、良いと考える方はもちろん居ります。
10年15年後にどこでも通用するような開発技術者としての力がついていなくても安定して処遇が良ければ、良いというのももちろん選択肢として重要な事です。

そうではなく、一人前の開発技術者になることが、仮にどの会社に行っても、年齢が高くなっても自分を高く評価してもらえる武器になるから、開発技術者としての力を身につけるのが一番かと考えるのも選択肢の1つです。

当社は、開発技術者として入社後に配属できる数しか採用しません。
そのため、採用してから配属を考えるというわけではありません。
言ってしまえば、入社後すぐに開発技術者になるチャンスが与えられるわけです。

是非これらのことを理解して、何よりも優先して開発技術者になりたいと思う方に応募していただきたいと思っております。

entry_btn

応募前のご質問など、お問い合わせも受け付けています!下記よりお気軽にどうぞ。

お電話でのお問い合わせ TEL 06-4963-6977 平日9時~18時

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

facebook

Twitter でフォロー

Google +



YouTube

YouTubeアイスペックグループ公式チャンネル 会社案内・紹介動画公開中!SEのお仕事・雰囲気がわかるかも…?転職へのご参考に!


弊社運営SE転職ポータルサイト「SE転職.jp」
関連会社・アプリコンサルティング合同会社
PAGETOP
Copyright © ISBB/ISpec Business Brain Co Ltd. All Rights Reserved.