中高齢者のIT技術者にもにもチャンスを考えて営業を強化しているわけですが、数名の応募がありました。

インフラ系の構築が豊富で今回はActive Directory(アクティブディレクトリ)のお仕事で商談が進んでいます。現場の進捗はあまり芳しくなくこのよな時こそベテランの経験が生きるものです。

このようにベテランでハイスペックの技術者であっても過去にタイミングを逃してしまって技術者ちとしての就業を諦めている方が実際には多いものと思います。

年齢的なものもあるのでバリバリ徹夜でというわけには行かないでしょうけど、経験を活かして良い仕事は十分にできるのです。

その他にも50代後半の汎用系の上級SEさんも商談中です。上流SEともなれば言語がどうのこうのではないので業務をよくご存知であれば設計面で十分に活躍の場があります。

もしも、過去にIT技術者として活躍した経験のある方で現在恵まれた環境でお仕事ができていない方がいらっしゃるのであれば遠慮なく問い合わせ頂ければと思います

多分、当社独自の就業の可能性をご案内できるような気がします。

また、プロジェクトリーダーが若いからといった理由で、中高齢者のプロジェクト参加を拒否している企業の皆様。

確かに中高齢者は使いにくい方が居ることは否定しませんが、それほど多いわけではなく人によりけりなのです。

書類審査だけで断るのではなく、できれば面談のチャンスを頂きたいものです。スキルの低い若年者よりも実際に活躍できるケースが少なくありません。

また、スキルに対して予算を低く抑えることができる場合もあります。というのも、処遇よりも仕事の場を求めている方が実際のところは少なくないというのも事実なのです。

若年者のロースキルの方と中高齢者のハイスペック方を巧く組み合わせたポートフォリをを作って予算と成果のバランスを取っていくのが重要ではないかと思っています。

是非御理解いただける方々のご協力をお願いしたいものです。