こんにちは。今回は入場先(出向先)についてお話しをしたいと思います。

まず、入場先(出向先)とは、企業が直接募集する案件と、企業と取引のある、上位会社が募集する案件があります。
後者の場合が大半なのですが、 その場合は、企業に上位会社の社員がBP(ビジネスパートナー)として参画しており、
その方と一緒に参画するか、全くの新規に参画する場合があります。

ここで知っておいてもらいたいのですが、弊社に入社しても社内の業務をするのではなく、入場先の業務をするという点です。
これは、なかなか想像しにくいし、受け入れにくい事かも知れません。

簡単に言うと「お客様業務への技術提供として弊社の技術者が参画をしている」というのが、弊社での働き方です。

働き方を道に例えると、1つの入場先に、何年も長く勤務する道と、数ヶ月で違う入場先に移る道があります。
私の親の世代(定年退職済み)ですと、1つの職場に定年まで残るのが優秀な社員、という事でしたが、
弊社ではそれだけが働く道ではありません。
入社時にスキルがゼロでも、数ヶ月~1年でスキルを身につければ、みなさんの価値が変わってきます。

そこで、スキルに見合う入場先にコンバート(移籍)することが、弊社・入場先・みなさんにとってプラスになるという事です。

「1年経っても全然成長しなかったらどうするの?」と思われるかもしれませんが、みなさんが日々されている業務経験こそが価値になっていきます。
「昨日出来なかった事が、今日出来るようになっている」その瞬間を大事にすることで、新しいスキルを習得する意欲が沸き、確実にステップアップするのではないでしょうか。

入場先の業務内容は、それぞれの案件によって違ってきます。
私を含めてスキルがまだ途上の技術者が、案件を指定して面談する事は難しいですね。
スキルシート(職務経歴書)を元にお客様に選考されて、オファーがあった順番に面談を受ける事になります。

もちろん、私が入社した時点でも、インフラエンジニアとしての経験が全くなかったため、とにかく来るものを拒まずの覚悟を持つ必要がありました。
「何がやりたいか」ではなく、とにかく入場先を決めて、「そこで得られるスキルを最大限に習得する」そういう姿勢で挑んだのです。
そのようにして、私のはじめての入場先が決まりました。
上位会社の方と一緒に、6名ほどの事務所に入り、LinuxやWindowsサーバーの構築を行う業務でした。
仮想環境(VMWare)上で、既存サーバーをリプレース(更改)するのが役割です。
詳しい内容はまた次回、お話し出来ればと思います。